法律と一般常識には違いがあります

法律は一般常識が書かれていると考えている人もいるようですが、実は違います。どう考えても悪いことだと思っていることも司法で裁かれる時には無罪となることもあります。それは判事の判断に委ねられるからこそです。規模の小さな裁判の場合、判事は1人となっていることがあります。判事が複数いて、相談をすることができないので、1人の判事によって判決が下されます。判事も人間なので間違いを犯すことは当然あります。司法修習生の中でも成績が上位でなければ就業をすることができないので、浮世離れをしている部分もあるでしょう。世間一般の常識を全く知らないということもあります。法律が一般常識になる場合には、時代とともにその内容が変化をしていかなければいけません。しかし実際には改正をさせることもなく、そのままになっています。いつまでも古い日本のままでいるということになってしまいます。判事はもっと一般常識を知ったほうが公正な裁判ができるかもしれません。