養子縁組及びその離縁の際の養子の姓について

養子縁組が成立すると養子の姓は民法810条に従って養親の姓へと改姓されますが、養子が養親と縁組をする以前にすでに婚姻をしていた場合は、少し事情が異なってきます。その婚姻の時に養子が改姓しなかった場合、つまり婚姻によって改姓したのがその配偶者の方であった場合には、原則通り養子夫婦は養親の姓を名乗ることになります。しかし婚姻の際に改姓したのが養子の方であった場合には、その後で養子縁組をしても養子夫婦の姓に変更はありません(同条但し書き)。又、養親と離縁すると養子は旧姓に戻りますが、養親が夫婦揃って縁組をした場合において、養子がその一方とのみ離縁した場合でも、もう片方の養親との縁組は続いているため、旧姓には戻らないとされています(816条)。尚、離縁によって養子が旧姓に戻った場合でも、離縁の日から3か月以内に届け出をすることに因って、離縁の時までに使っていた姓を名乗ることが出来ます。但し、これが認められるのは養子縁組から7年経っている場合に限られます。